浅倉カンナRIZINでは「脱レスリング」?

スポンサーリンク

そんな浅倉カンナ選手の今後の活躍について

実は横浜大会では「脱レスリング」という目標があったようです
これは2016年のRIZINデビュー戦でグラウンド合戦で敗北してしまっていたためですね

 

実際のところ

完全に脱レスリングできていたわけではなく
むしろ冴えていました

 

RIZINが今後どういう対戦を組むかはわかりませんが
あえて「脱レスリング」という強い言葉を使う必要もないのかなとも感じます

打撃テクニックに関しては上がっていると思いますが

わざわざ打撃に特化させる必要もないのかなと

 

RENA選手や那須川天心選手みたいなストライカーやKO量産する選手は人気です

でもそれとは違ったグラウンドテクニシャンとして
一本勝ちをきれいに獲れる選手っていうのも必要かと

注目されるためのキャラづけもしやすいんじゃないかと思います

 

RENAと闘ったりするかもしれないし

その時グラウンドは必ずいい武器になるはずです

スポンサーリンク

まとめ

レスリングテクニシャンということで
無差別級の試合なら山本美憂と対戦なんかもあるかも

 

まあとりあえず2017年の横浜大会で1勝
ここからいい波に乗れるかどうかだと思います

2017年
浅倉カンナが大きく活躍する年になる!?