浅倉カンナと父の二人三脚はまだまだ続く

スポンサーリンク

そんな浅倉カンナと父の二人三脚はまだまだ続く!

 

2017年4月のrizinでは
「脱レスラー」
という目標を掲げて試合に望みました

 

これは2016年末にグラウンドで苦戦していたので

もっと打撃でも追い込めるように
という意味も込めてです

 

試合自体は、判定勝ちしたものの
個人的にまだ「脱レスラー」しきれていない印象をうけました
でもレスリング技術はなかなかのものでしたよ

個人的にはあえて「脱レスリング」する必要もないような気はするんですよね
立ち技も大事ですがやはり長所は長所で
あえて「脱」することもないかと

 

浅倉カンナ選手はこれからもお父さんをトレーニングを続けるようです

 

とりあえずrizinで1勝
もっとキャリアを積んで

最後は世界へ!
実際、UFCで闘いたいということも語っています

 

まだまだ親子二人三脚の格闘技ライフは続きそうです

 

父から見て
ツイッターでは

「課題はたくさんある」

と言っているものの
過去には

「カンナより強い選手なんているのかなと思う」

というようなことを語っていたり

 

少し一般的なものと形は違いますが
「お父さんは娘を大事にしている」っていうのは共通みたいです

スポンサーリンク

まとめ

浅倉カンナ選手が有名になったらお父さんと二人でテレビ出たりするかもしれないですね
青学の監督みたいなポジションで

なんか「深イイ話」とかに親子一緒に座ってる様子が想像できます(笑)

 

その時は
RENA選手と並んで、rizinの看板みたいになっててほしいです