2017年4月16日
rizin横浜大会で快勝したrena

 

試合前は

対戦相手がグラウンド得意な選手だからピンチになる!?
rena7年ぶりの初黒星になるのでは?

みたいな予想もあったりしたものの

 

蓋を開けてみればいつもどおりrenaの勝利

 

やっぱりrena強い!

 

ってことを見せつけられた試合結果となりました

 

快勝したrena
しかしrenaの勝利にある疑惑が

 

あれ・・・
腕ひしぎ極められた時タップしてたよね!?

 

タップしてたのなら本来その時点でrenaの負け
快勝どころか秒殺だったはず

renaタップしてた!?
動画で確認

スポンサーリンク

rena腕ひしぎでタップしてた?2017rizin横浜の試合動画でチェック!

対戦相手がグラウンドが得意な選手ということもあって
試合前はrenaの敗北も予想された試合

 

タップ疑惑のある問題の試合
動画を見ると

試合開始してからすぐ
対戦相手のドーラ・ペリエシュがすぐにrenaをグラウンドに引き込んだところ

この後は基本的にrenaが打撃で圧倒して勝利しているので
タップしているとしたらここ

 

動画でいうと2分23秒くらいでしょうか

画像で抜き出してみると

ここの場面ですね

言われてみれば

 

一瞬腕がタップしたような動きに見えなくもない

 

結果的にその後スルッと抜くことができましたが
実際、一瞬ではありますが綺麗に腕ひしぎの形になっています

 

rena自身、この場面を

ヒヤッとした

と言っているので
やっぱり危ない場面だったのでしょう

 

スポンサーリンク

腕ひしぎっていうのはかなり危険な技です

骨折や脱臼の危険性があります
こうなると格闘家として闘うのはしばらくは無理

なので多くの格闘家が腕ひしぎを極められたらタップするのが基本

 

UFCでも堀口恭司が王者デメトリアス・ジョンソンに敗北したのもこれでした
UFC日本人で最強?堀口恭司が凄い!

 

堀口がデメトリアスに一本負けしたのはラスト数秒
数秒我慢すれば判定に持ち込めたのに・・・

って思ってしまいますが
実際、一秒でも早く抜け出したいのが腕ひしぎ

 

なのでrenaが極められた瞬間にタップしていたとしても不思議ではありません

renaはタップしていたのか?
真相は?次ページに続く