スポンサーリンク

4試合:ダロン・クルックシャンクvs谷地祐介

対戦相手のダロン・クルックシャンクはUFC参戦経験もある
結果としてUFCからはリリースされたみたいだけど・・・

(動画準備中)

この試合は打撃合戦となった
1R序盤から打撃の打ち合いに

 

UFC参戦経験ありというとどうしてもハードルを上げてみてしまう

クルックシャンクがどのくらいのファイトを展開してくれるかと思っていたが
期待しすぎたかも・・・
イマイチクリーンヒットさせるほどの深さまで入り込めていなかった

 

結果は打撃合戦を制した谷地のKO勝利
まあしかし、打撃合戦ということで盛り上がったのは感じた

5試合:KINGレイナvsジャジー・ガーベルト

個人的に気になっていた対戦カード
大型選手同士の試合となった

 

大型といえばギャビがとにかく強い!

とにかくKINGレイナがどれほどのもんなのか
まあ批判半分で気になっていた

(動画準備中)

1R開始すぐにKINGレイナがラッシュでジャジーに仕掛ける

勢いがあってもファイトがイマイチ盛り上がらないというとボクシングの亀田が個人的に思い浮かぶ
なんとなくKINGレイナもそんな感じなのかと思っていたが・・・

 

とにかく勢いよく仕掛けていく姿勢に好感

とにかくKINGレイナが圧倒した1R
払い腰が極まり、グラウンド展開も完全にKINGレイナのもの

 

2Rで腕十字をしっかり決めてKINGレイナが勝利

 

ビッグマウスで強い
これは人気が出そうな選手

よく見るとルックスも悪くないし

 

大型の日本人選手となるとあまりいない中
RIZINスター選手が出てきたと思っている

 

ただKINGレイナは結構、自由な人みたいで
RIZINがうかうかしてたら海外とかに行っちゃうかも
まずはRIZINにKINGレイナを囲っておいてほしい

スポンサーリンク

6試合:石井慧vsヒース・ヒーリング

日本人は小柄で
どちらかといえばフライ級層が豊富

RIZINもフライ級に力を入れると言っているし

そんな中、国内では貴重な重量級の選手のファイト

(動画準備中)

1Rも2Rも終始、石井のペース

とくに1Rはヒースにとっては苦しかっただろう
10分以上のグラウンドはずっと石井がペースを握ったまま

2Rもぶっちゃけヒースの見せ場はあまりなかった

 

結果、グラウンドを制した石井が判定勝ち

 

まあ不満を挙げるとすると
グラウンド展開に徹していたため盛り上がりには欠けた気がする
まあ石井のバックボーンを考えれば仕方ないけど

やっぱりなんだかんだで大きい選手のぶつかり合いは見たいよね

7試合目以降は次ページに続く