まだ見ぬ夢の対決

那須川天心vs武尊

これまでにも常に対決が期待され
何度か本当に実現の可能性が示唆されていたものの・・・

 

残念ながら両者の対決は実現することなく今日にいたる

 

あまり那須川との対決に積極的ではない
というかこれまでに実現のチャンスがあったものの、武尊がそれを飲んでいないことについて

武尊は那須川天心から逃げている

という厳しい評価を下されることも少なくはない
那須川天心から武尊は逃げてるのか?仲が良いゆえの台本説も?

 

もし逃げているなら
暗に「武尊は那須川天心よりも弱い」というのを自分で認めているということ

 

実際の所両者の実力にはどのくらいの差があるのか

体格差やファイトスタイルなど比較によって
両者の実力を推しはかってみよう

スポンサーリンク

「キックボクシング史上最高の天才」!那須川天心の実力とは?

まずは簡単に那須川天心の実力を見てみよう

といっても
那須川天心の実力は、語るまでもなく誰もが認めるところ

 

それは

神童
キックボクシング史上最高の天才

10代のころには「天才」と認められていたことが物語っている

 

プロ以前のアマチュア時代からその実力は周りとはとびぬけており
アマチュア全国大会・世界大会などのタイトルを総なめにしていたことから

ジュニアのパウンド・フォー・パウンド最強


すでに「最強」の異名をゲット

 

プロ入りしてからも那須川天心の天才っぷりは続く

 

デビュー戦でいきなりRISEバンタム級7位のランカーと対戦
しかもそのランカーをわずか1分未満でKOで下して那須川天心のプロ格闘家キャリアが始まった

那須川を取り巻く高待遇にも驚くが
それ以上に、その中で周りの期待以上のパフォーマンスができる那須川天心の凄さ!

 

プロ6戦目でRISEの王者に
BLADEのトーナメントでは全試合KO勝利という記録

 

スポンサーリンク

那須川天心が活躍する軽量級はKOが少ない
軽量級が海外であまり扱いが良くない・不人気の理由の一つでもある

しかしこと那須川天心の試合はそんな軽量級の常識からは外れており
正直、どの軽量級の試合を見るよりも那須川天心の試合はおもしろい!

 

さらに2016年にはRIZINにて総合ルール・キックルールで2連戦
そして2連勝!

キックボクシングと総合は違う
才能だけでどこまで戦えるのか

などと勝手に予想してはいたものの・・・
まさかKO・一本勝ちで勝利するとは完全に予想外だった

 

今日本の格闘技界では上り調子なRIZIN
那須川が総合とキックの二刀流をするならば、絶対に手放したくない存在なはず

 

しかしRIZIN代表の榊氏でさえ

うちだけで囲っておける人材ではない
いずれは世界も

と那須川の余りある才能に逆の意味で「さじをなげる」形に

経営とかそういうことを差し置いて
格闘家として囲っておくのはもったいない

 

独占するのも恐れ多いような天才・那須川天心

 

本当に惜しいのは今が格闘技ブーム全盛でないということか・・・
全盛時代ならものすごいカリスマ・人気者として扱われていたのにと思うと気の毒

「天才」那須川天心が意識する武尊とは?次ページに続く