軽量級はKOが少ない

格闘技やってて軽量級・小柄な人はよく言われたのでは?
なかには耳にタコができる言葉かもしれない

 

UFCでは最も軽量のフライ級の人気は低く
王者ではない選手のファイトマネーなんかも世界最高峰とは思えない程度の物
堀口恭司がUFCから去った理由の一つでもあるかも
堀口恭司のファイトマネーはいくら?UFCとの離脱・契約に関係?

 

格闘技を見るならヘビー級

事実、軽量級にはまったく注目していない格闘技ファンも少なくはない

 

しかし

 

そんな軽量級の定説を覆し
KOを量産するのが「天才」那須川天心

 

那須川の試合はハッキリ言っておもしろい!
そして何より爽快でもある

 

そんな那須川天心の最新動画
そしてライジンでの驚きの活躍動画をまとめ

スポンサーリンク

那須川天心のライジンでの活躍が凄い!動画2試合分

まずは那須川天心のライジンでの活躍について

 

那須川がライジンに参戦したのは2016年

もともと2015年度からライジンでのファイトを希望していた那須川天心
しかし2015年はその願い届かず

2015年にはかねてより意識していた武尊が出場

 

そういったことも那須川のライジン参戦の意気込みに拍車をかけたのかもしれない

 

武尊はライジン参戦前からそこそこの知名度もあり
知名度だけで言うとハッキリ言って那須川よりは上

 

逆に那須川としては

昔から才能は関係者・同業者に認められつつも
格闘技ブーム停滞であることも手伝い、イマイチ那須川の知名度が上がりきっていない

 

やはり現在の国内格闘技状況を見ると
ライジンが一人勝ち状態

 

そんなライジンでの活躍は必ずしも那須川天心の知名度に結びつくはず

 

と考えたのでは
実際、参戦が決定した時には

格闘技と言えば那須川天心と言われるように

と知名度についても自分から

 

スポンサーリンク

そんな那須川天心にライジンが用意した最初の相手は
ニキータ・サプン

対戦相手はアマチュア総合格闘技にて準優勝の実績もある相手
ライジンも総合初戦にこの相手を当てるあたりライジンも結構Sっ気のあるというか

 

そんな総合経験が那須川よりも豊富な相手に対して堂々のKO勝ち

 

恐るべきは那須川

まずアームバーを極められたとき
ハッキリ言ってあそこで終わりと思った人も多かったはず
実際に私はここで終わったと思ってみていた

逃れてから立たせることなくパウンドまで行ったのは那須川の意地
セコンドからは「立たせろ」というような指示もあったものの

 

意地も通しつつ
なおかつ結果も出す

 

という天才・那須川天心以外にはできない芸当を成し遂げて勝利

 

そして驚くべきは

この試合の2日後の大晦日大会への参戦を直訴!

大晦日の那須川天心も凄かった!次ページに続く