2016年末の大晦日にクロン・グレイシーとファイトを繰り広げた川尻達也

結果だけをみると川尻達也の敗北
試合内容もクロン・グレイシーがコントロールしているような内容であはりましたが

 

しかしそんなクロン・グレイシーをもってしても

川尻選手はハードヒッターで手ごわい相手

と言わせしめる実力者

 

特にすごいのは日本人離れした筋肉
まるで鎧のような大胸筋は圧巻です

 

そんな川尻達也の鋼の体を作る

筋トレメニューやベンチプレスの記録
そしてついでに、4月16日に行われるRIZINでのファイトについても少し見てみましょう

スポンサーリンク

日本人離れした筋肉!川尻達也

生年月日:1978年5月8日
身長:171cm
体重:66㎏
異名:クラッシャー

 

そもそも川尻達也はなぜここまで日本人離れした筋肉をつけるに至ったのか

 

幼少期から格闘技を学んでいた
とかそういうことではなく

野球や陸上の選手だった学生時代

とはいっても野球や陸上も筋肉は必要なスポーツ
決して昔はひ弱だったとかそういうわけではなさそうです

 

大学生時代に見た高田延彦vsヒクソン・グレイシーの試合を見たことが総合格闘技を志したきっかけ

 

2000年に修斗でプロデビュー

川尻選手が本格的に筋肉を鍛えだしたのはプロデビュー戦がきっかけとなります
デビュー戦での敗北

このデビュー戦の敗北をきっかけに本格的な肉体改造
筋トレにかけた期間は1年間!

 

この時の敗北が今の川尻達也の筋肉をつくるきっかけ

 

1年間の肉体改造を経て
復帰後は連戦連勝!

うまい具合に筋トレ効果が現れました

 

過去にはK-1ルールで魔裟斗との対戦経験も

このころの筋肉もかなり仕上がっていますが
いまより少し線が細いでしょうか

このころはライト級
現在のフェザー級に転向前なので

スポンサーリンク

日本はフライ級層が厚い国だと言われています
実際、日本人の選手は小柄で線が細い選手が多いですね

UFCからRIZINに参戦した堀口恭司選手
UFCから期待の日本人堀口恭司が離脱!rizin参戦理由と真相!
彼も強いですがフライ級

 

そんな中、フェザー級の日本人選手というのは珍しい

 

2013年にはUFCと契約
ただこちらは2016年に自らの意思で契約解除しています

 

そして

RIZINを格闘技人生をかけて盛り上げる

と挑んだ2016年のクロン・グレイシー戦
残念ながら敗北

 

とりあえず今の川尻達也に多くの人が期待している
そして本人も望んでいるのは

クロン・グレイシーへのリベンジ!

まあまた筋肉作りに休養することはないでしょうけど
それでもやはり次回リベンジの機会を得た時には

 

さらにレベルアップした筋肉美になっているはず!?

川尻達也の筋トレメニューは?
次ページに続く