UFCで活躍する日本人

野球でいうと
本場メジャーリーグで活躍するみたいなもんです

 

気になるUFCで活躍する日本人の収入

 

スポンサーからの収入などもありますが
そちらは不明なので

格闘家が試合を行うともらえるファイトマネー
このファイトマネーについて推測してみましょう

 

そして日本人で最も王者に近いと言われていた堀口恭司選手

そんな堀口恭司選手の収入・ファイトマネーはどれくらいだったのか
こちらも推測

スポンサーリンク

UFCを離脱した堀口恭司

収入やファイトマネーを推測する前に
現在の堀口恭司選手について少し

 

2016年11月くらいのこと
UFCフライ級ランキング第3位でした

UFCでの戦績を見ると、一度王座挑戦したものの敗れています

しかしそれ以外は全勝
UFCでは1敗のみという戦績でした

 

しかし2017年
UFCの離脱を発表しRIZINへの参戦を発表しました

というわけで

UFCで稼ぐのはしばらくお休み
RIZINでのファイトがしばらくはメインになるようです
UFCから期待の日本人堀口恭司が離脱!rizin参戦のワケは?

 

まあ国内ではRIZINが一人勝ち

 

RIZINに堀口の参戦で国内の格闘技が盛り上がるならよし
それを踏み台に再び世界へというとなおよし

 

ってところでしょうか

スポンサーリンク

堀口恭司のUFCでの収入を推測

ではメインテーマへ
堀口恭司の収入を推測!

 

まず推測するにあたって
RIZIN参戦に関して、収入とも関係ありそうなことを堀口選手は言っています

ザックリまとめると

 

UFCを離脱したのは試合を組んでもらえなかったから

 

とのこと

試合を組んでもらえなかった
UFCフライ級3位の選手が試合を組んでもらえないなんてありえるのか

 

これには少しUFCの階級別の人気が関わってきます

 

一言でいうと、UFC内において堀口選手が所属するフライ級は比較的人気のない階級
そもそもランキングとか以前にフライ級自体があまり試合を組んでもらえない階級

といっても、王者デメトリアス・ジョンソンとかは別格だと思います

絶対王者なうえに
フライ級の中でもスピード感あふれるファイトはどの選手にもまねできない独特の物
軽量級ですが、見ていて軽々とオクタゴンを飛び回る姿は爽快です

 

試合を組んでもらえない

となると

収入・ファイトマネーも少なくなるということ!

 

実際、2016年は堀口選手の試合は2試合くらい
堀口選手自身は最低でも年間3試合はしたいとのこと

 

たった1試合差

 

ともとれますが
1試合分のファイトマネーが飛んでいくと考えるとかなりの差になると思います

 

まあそれ以上に、20代という若い・体の動く時期に試合できないという状態がアスリートにとっては最もきつかったのでしょう

ただそれだけではなく
ファイトマネーも少なからず関係しているのではないかと推測できます

UFCファイターのファイトマネー・収入はどのくらいだったのか?次ページに続く