日本では総合格闘技といえばRIZINが一番盛り上がっている

 

しかし国外を見ると
総合格闘技人気は日本の比ではありません

UFC

総合格闘家にとって夢の舞台

 

そんなUFCにて

日本人で初めての王者になるかも
日本人では最強なのでは

と言われるのが堀口恭司選手

 

そんな堀口恭司選手について

プロフィール
UFCでの活躍や試合動画
現在の活動

などまとめ

スポンサーリンク

UFC参戦日本人では最強?堀口恭司が凄い!

まずは堀口恭司選手について簡単に

年齢:26歳(2017年3月時)
身長:165cm
体重:57㎏
バックボーン:伝統派空手
階級:フライ級(元バンタム級)

 

実は堀口選手の師匠は山本KID徳郁選手

これはまだ体のタトゥーがおとなしいころですね
今は・・・

もう国内では「危ない職業の人」にしか見えないくらいになっています

堀口選手は自身のヒーローとして師匠の名前を挙げています

 

山本KID選手は小柄な選手
小柄な体で大きな選手を倒す姿に魅かれたとか

たしかにいわゆる「ジャイアントキリング」なキャラクターには魅力を感じてしまいます
WWEではレイミステリオJrなんかがまさにそうですね

 

堀口選手のバックボーンは伝統派空手
もともとは父親に無理やりやらされていたそうですが・・・
後に自身も楽しみ始めて、プロ格闘家になっても続けているそうです

 

その後、山本KIDの内弟子に

内弟子志願に直接指導に行ったところあっさりOK
当時はものすごく太っていたそうで
後にUFCランキング3位になるような感じではなかったとのことですが・・・

そこは山本KID選手の見る目が合ったということでしょうか

 

プロ格闘家としてキャリアを積み始めたのは2010年
修斗でのデビュー

デビュー後は6連勝
そのうち5回はKO勝ちという戦績

修斗での敗戦は1戦のみ
上田将勝選手との試合

 

しかしその後は連勝が続き
UFCを意識した発言も見られ始めます

スポンサーリンク

UFCに参戦したのは2013年

デビューしてからは4連勝

 

実はUFCでの敗戦は1度だけ
現在も王座を保持しているデメトリアス・ジョンソンとの試合のみでした

この試合も非常に惜しいところまで戦ったのですが・・・(動画は後ほど)
かなり惜しいところで一本負け

 

しかしそれ以外のUFCでの試合はすべて勝利しています

 

2016年8月にはUFCのフライ級ランキング3位に!
日本人でここまで上り詰めたのは初でしょう

 

そしてかつては敗北したものの
気になるデメトリアス・ジョンソンとの再戦!
そして日本人初の王者へ!

といろんな面で期待ができる選手

 

日本ではUFCが放送されていないし
総合格闘技自体の人気が今は大したことないのであまり名前が知られていませんが

もしかしたら世界で活躍する日本人の中でも有数の名選手かもしれない!

そんな優秀な選手が堀口恭司

堀口恭司UFCでの試合動画が凄い!次ページに続く