UFCで活躍する日本人選手

少し前は堀口恭司選手への期待が高かったかと思います

 

実際の所

 

UFCに参戦している日本人選手は少なくないものの
結果を見ると決して芳しいとはいえない

 

そんな中

一度は王者への挑戦権を獲得し
その後も王座奪還を期待されていた選手となると堀口恭司選手くらいのものでしょう

 

しかし
堀口選手は少し前にUFCとの契約を更新せずフリーエージェントに
UFCに期待の日本人選手はもういない!?堀口は引退なのか?

 

となると

 

現在UFCで闘う日本人選手はどうなのか?
日本人は格闘技で活躍できないのか?

スポンサーリンク

UFCランキングに見る日本人選手の活躍

まずはUFCげ現在発表しているランキングから

 

pound for poundランキング
UFC最新ランキングで日本人は何位?UFCを背負える選手は?

pound for poundランキング
15位以内に日本人選手の活躍は見えず

 

まあpound for poundランキングはほとんどがチャンピオンで構成されています

現在の所、残念ながら日本人がUFC王座についたことはありません

 

では日本人が多い階級
比較的軽量級の階級ではどうか

絶対王者デメトリアス・ジョンソンのいるフライ級
かつては堀口がUFCランキング3位でしたが
現在は日本人はランクインならず

 

その他の選手・階級を見ても日本人選手の活躍は見られません

 

できれば15位
欲を言えば10位くらいにはランクインしてほしいところですが

UFCランキングでは日本人選手がランクインするにはもう少しかかりそうです

スポンサーリンク

UFCで日本人は活躍できないのか!?

そして本題

 

UFCは日本人が活躍できる場ではないのか

 

過去の結果を見れば

堀口選手をはじめ
水垣選手など連勝し、打撃力に定評のあった選手も出場していました

というわけで
実力面で日本人選手が必ずしもUFCで活躍できないというわけではないでしょう

 

堀口選手のファイト

堀口選手を日本人ファイターの代表とするわけではないですが

スピードや打撃力が西洋人よりも必ず劣るかと言われれば
そうでもなさそう

 

というかこれはUFCに限らず

格闘技=西洋人の方が必ずしも強い

というのは間違いでしょう
もちろん西洋人・東洋人の違いも無関係とは言えませんが

 

というわけで

 

日本人が必ずしも格闘技で不利な民族
アジア人は不利

 

というわけではなさそうです

しかし日本人の現在の活躍は少々さびしい・・・
いったいなぜ?次ページに続く