総合格闘技最大手のUFCで
日本人が王者になったら

 

そんなことを考えたことがあります

 

しかしどの階級にもものすごい強い選手がいて
その選手は残念ながら日本人ではなく、タイトルを何度も死守している

 

やっぱ日本人が格闘技で世界を獲るのは無理なのか!?

 

そんな中
一つの希望

堀口恭司選手

 

堀口恭司は「もっともUFCチャンピオンに近い日本人」

最新(2017年2月時)のUFCランキングでの堀口選手
これまでのUFC戦績と名試合まとめ

スポンサーリンク

最新UFCランキング(2017年2月時)で堀口恭司は何位?

まずは最新のUFCランキング(2017年2月時)

最新のUFCランキングについて全体はこちら
UFC最新ランキングで日本人は何位?UFCを背負える選手は?

 

堀口選手はフライ級の選手
フライ級のランキングを見てみると

 

現チャンピオンはデメトリアス・ジョンソン

なんと王座を手に入れてから10連勝中!
いまやフライ級の絶対王者

2007年にキャリアをスタートさせてからものすごい速さでチャンピオンに
関係者からも最高の技術を持った選手として認知されています

pound for poundランキングでも1位

 

1位はジョセフ・ベナビデス

2013年に王者デメトリアス・ジョンソンに敗北したものの
その後は連勝

デメトリアスには過去に2敗しています

 

とはいっても
現在のフライ級のランキングを見ても王者デメトリアスほどの実力・カリスマ性を持った選手はいないようです

いくら強いと言っても10連勝し続けるというのはなかなか・・・

 

少し厳しい見方をすればフライ級は少し停滞気味
あっと驚くようなスターの登場が待たれるところでしょうか

 

さて本題
堀口恭司選手について

実はこの最新ランキングに堀口恭司の名前はありません(2017年2月時)

もちろんUFCのランキングは各大会の終了直後にメディアの投票によって決められるので変動は激しいです
今後変遷の可能性は多々ありますが・・・

 

残念ながら現在は堀口選手の名前はないようです

スポンサーリンク

少し前のUFCランキングでの堀口恭司

とはいっても
「日本人で最もUFCチャンピオンに近い」
そんな選手ですから、ランキングに入った経験はあります

 

2016年11月21日
堀口選手が4位から3位に順位を上げています

 

UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンに敗北後は3連勝

2016年11月19日には北アイルランド大会にて判定勝ちしています
対戦相手はレスリング出身の選手だったようですが、組み技でも引けを取らない試合ぶりでした

対戦相手はフライ級ランキング当時8位

 

もちろんテクニックは素晴らしいです

ただそこはアジア人と外国人の差でしょうか
パワー差はあるようですね

現在のランキング1位・2位の選手とは堀口選手は対戦経験がありません

なぜ堀口恭司の名前がランキングにないのか?
次ページに続く