習い事としておすすめな種類の武術

スポンサーリンク

これからピックアップするのはあくまで

東洋の武術

に限定しています

厳密に言えば世界中に武術はあり
たとえばインドネシアのシラットなんかも武術のようです

海外の武術や格闘技を含めたうえで
習い事としておススメの格闘技はこちら
格闘技の種類と習い事!格闘技を習う時に重要なこととは?

1.中国武術

中国武術は習い事としてすごくおすすめです

いかんせん日中関係の悪化などで嫌悪感を持つ人もいるかもしれませんが・・・
国の垣根を考えずに「武術」そのものを見てみましょう

 

おすすめ武術である一つとして

 

まず中国武術は種類が多い!

型や戦闘理論、そして動きも千差万別で
きっと自分に合う・自分の理想とするファイトスタイルの流派(○○拳)があるはず

特に実戦的なのは詠春拳とも言われています
「身を守るのに最適な10の格闘技」にも選出されています
格闘技最強は何だ!?あるランキングに手がかりが?動画アリ

 

時に実戦性に乏しいと言われることも多い中国武術
残念ながら完全に否定することはできません

型や演武中心の中国武術道場ではどうしても実戦性に乏しいものになってしまいます

 

なので体力作り以外の面・強くなるという目的をもって中国武術を習うなら道場の下調べリサーチは念入りに
体験入門・見学があるなら数千円お金がかかったとしても行った方がいいです

スポンサーリンク

2.空手

空手も習い事としておすすめの武術です

 

これも中国拳法同様流派が多い
型中心~殴り合いまで様々

 

極真空手なんかは有名で
極真空手をバックボーンに活躍する格闘家の選手も少なくありません

個人的にはいまでも「極真空手」と聞くとちょっと腰が引ける・・・
筋肉があって強くなれるイメージですね

 

てっきり小さいころからやってるひとばかりなのかと思いきや
成人してから始めたとか
就職して30代になってからとか
そういう人も結構います

 

そしてそういう人でも練習をさぼらなければ強くなっている

個人的には武術の中でも実戦性で比較した場合
かなり上位にくる武術なんじゃないかと思っています

 

ただ空手は流派によってフルコンタクトだったり寸止めだったり、見につくスキルが全く違うので
こちらも道場選びは慎重に

次ページに続く