2014年に

ルールがまだない状態から立ち上げられた

ということで注目を浴びた新格闘技団体「巌流島」

 

数度の公開検証を重ね
今では2017年の1月には第6回目の興行を行いました

 

しかし

巌流島が興行を重ねるにあたって

リングで行われた名試合・珍試合の数々!

個人選となりますが
その試合の動画と結果を見てみましょう

スポンサーリンク

格闘技団体「巌流島」には面白いカードが組まれる!

武術家が本気で闘う姿を見たことがあるでしょうか

「実戦では強いから!」
「試合とかではない本当の戦いを想定しているから!」

そんな言葉は聞き飽きた
いい加減リングで強いのか弱いのか白黒つけて!

 

そんな格闘技ファンの夢を一つの形にしたのが巌流島
ある意味タブーなのかもしれませんが(笑)

 

なぜ普通の格闘技とは違う
少し変わった・面白い・武術も含んだカードが組まれるのか

巌流島の活動理念は

「新しい格闘イベント」
ではなく
「武術イベント」

つまり、武術でも活躍しやすくなっている

 

立ち技での最高峰の試合を
公平な異種格闘技を
武道とエンターテイメント

 

というコンセプトに運営されているのです

特に「立ち技」ということを「現代の実戦」と想定し
寝技はストリートファイト的ではないと考え、そのうえで立ち技で武術でもいいわけなく活躍できる環境

これが他の格闘技イベントとは違った少し変わった試合カードを生むことにつながっているようです

 

コンセプトだけ見ると本当に映画や漫画の中のようなワクワクする試合をイメージしますが
初期の「公開検証」の段階では多々批判もあったようです
格闘技団体「巌流島」につまらないと批判?会場ガラガラ!

とはいえ
ルールなども整備され公開検証時よりはかなりパワーアップしています

スポンサーリンク

巌流島で生まれた名試合・珍試合の結果と動画まとめ

そんな格闘技団体「巌流島」で行われた名試合・珍試合
※個人選となるので偏りがあります

 

まずは巌流島での私の「推し選手」
マーカス・レロ・アウレリオ選手

この選手
なんとカポエイラ使い!

カポエイラといえば・・・
実戦では「残念」と言われることの少なくないあの格闘技

やってる人も
「格闘技って言うより・・・ダンスでしょ!?」
みたいなスタンスが多い気がします

実際、以前カポエイラの練習している人に聞いたところ
「もしかしたら格闘技として使ってる人もいるかもね~」
くらいの反応だったので・・・

 

しかしそんな下馬評を覆すような活躍を巌流島では見せてくれています

 

ちなみにこの試合
対戦相手もセネガル相撲というレアな試合

あのカポエイラ独特な後ろ回し蹴りは危険ですね・・・

 

アウレリオ選手が所属している「AXE capoeira」という団体では格闘技でも生かせるようなカポエイラの練習もしているようです
そういう団体が増えればカポエイラも別の面でより普及するかも!?

まだある名試合!次ページに続く