格闘技と筋トレ
総合格闘技と筋トレ

 

格闘技を志す人にとって、筋トレは必須科目

 

時に、武術・武道などでは「筋トレ不要論」というのもなくもないです

 

しかし、個人的には武術・武道でも筋肉があった方がいいと思うわけで
ほんとうに筋トレ・筋肉が不要なのかというとそれはないです

少なくとも自分の体重を支えられる程度の筋力は間違いなく必要です

 

ウェイトトレーニングをするかどうかは個人の自由としても
格闘技・武術を志す以上、筋トレと無縁な生活では強くなるのは難しいのではないかと思います

 

それは男性だけではなく女性にとっても
女子格闘技でも筋肉は重要です

 

そんな格闘技女子の筋肉
鍛えられた筋肉は大変美しい・魅力的なものです

そんな格闘技女子たちの筋肉美や
女子格闘技に必要な筋肉について

スポンサーリンク

女子格闘技でも筋肉は必要なのか?

女子格闘技でも筋肉は必要なのか

「女子格闘技は筋肉を見るものじゃなく、テクニックを見るものだ」

という視点で女子格闘技を観戦する人もいます

 

男女問わず
実際のところ格闘技に筋肉はどの程度必要なのか?
パワーさえあればテクニックを上回る強さを手に入れることができるのか?

そんな疑問にはボディビルダーと格闘家の試合が答えを出してくれそうです
柔術vsボディビルダー

二人目の女性柔術家との試合

たくましいボディビルダーですが見事に抑え込まれ
なんと失神!

 

というかこの柔術の先生とボディビルダーはどういう関係!?
喧嘩を売ってきたのか、それとも仲いいふざけの一つなのか

ともかく

 

筋肉はテクニックを凌駕する

と一概には言えない
というのは間違いないようです

 

とはいえ

 

テクニックさえあれば筋肉は必要ないのか

 

というとまた別の話

さきほどの女性柔術家
一見すると筋肉質には見えませんが

いわゆる「デカい筋肉」ではなく「実用的な無駄のない筋肉」で体が構成されているはず
「武術的」という表現でも間違いはないかもしれません

スポンサーリンク

女子格闘技に必要なのは「無駄のない筋肉」?

となると

 

女子格闘技に必要なのは「無駄のない筋肉」
これがあれば男のボディビルダーでもイチコロ!

 

ということです

 

「無駄のない筋肉」は一見すると大きく見えるわけでもなく
服を着るとあまり鍛えてる感じはしない体ですが

一度組み合えば凄さが分かる

そんな筋肉です

 

男性格闘技にくらべて女子格闘技の選手はそういう体の人が多い気がします
プロともなると肩幅が広かったり、多少男性寄りの体つきだったりしますが

ムキムキ・マッチョな男の方が絶対に強いだろ

というのは決して正しいわけではなく

 

ある意味、女子格闘技の選手の方が

無駄のない
テクニックを阻害しない筋肉

の持ち主であるともいえます

そんな女子格闘技に必要な筋肉とは?
「無駄のない筋肉」をつければ男にも勝てる?次ページに続く